睡眠障害を改善する方法

睡眠障害を改善する方法

睡眠障害の症状の種類について症状の特徴

睡眠障害の症状の種類について症状の特徴や原因を交えて解説します。
夜になって眠ろうとしてもなかなか眠りに着けない症状がつづくと睡眠障害の可能性があります。快適な睡眠を十分にとることができないため、日中に眠くなってしまうなど、生活に悪影響を及ぼしかねない睡眠障害にはいくつかのパターンがあります。まずは、もっとも基本的な「眠りにつくまでにかかる時間が長い」という特徴のあるパターンを見てみます。このパターンは、平均的な人であれば寝床に入ってから約10分で眠りにつくのに対し、1時間以上も眠りにつけないなどのケースを指します。
原因としては、日中に太陽の光を十分に浴びておらず、体内時計のリズムが完全にくるってしまっていることが考えられます。他のパターンとしては、「一応眠りにはつくものの眠りが浅い」パターンがあります。

 

このパターンの特徴としては、夢を見ることが多く、快適な深い眠りに着けている時間が少ないことが挙げられます。原因としては、眠りにつく直前に強い光や音の刺激を受けていることが挙げられます。パソコンやスマートフォンが普及しているため十分考えられるケースです。また、これらの種類症状は、ストレスが引き金となっていることが多くあります。したがって、睡眠障害になって生活を乱さないためにも適度にストレス解消をしておくことが望ましいです。

 

睡眠障害に悩む方が病院に相談したい場合の診療科

日々眠気に襲われるなど、自分で睡眠障害の意識があり、悩む方はまず内科でいいでしょう。
いつのまにか神経が休まらず、夜中にしっかり睡眠がとれない状態になっている場合、お薬だけでなく、漢方薬での処方もして頂けます。少し受診するのに勇気がいりますが、明らかにストレスを感じて眠れないという場合ならば心療内科で相談するのもいいでしょう。
睡眠障害を特に意識してではなく、めまい・耳鳴り・体に力が入らないといった症状から耳鼻科を訪れた時に、よく眠れていないことから日中、力が入らないという診断で、軽い睡眠薬を処方されて驚きました。

 

このように体調の悪さが睡眠障害やストレスさえも自分ではっきり意識できていない場合はどこの診療科・病院へ行っていいものか迷います。
睡眠障害はそれだけでない症状が合わさり、また季節に応じて、体の弱い部分に代わる代わる出てくる場合もあるので特定できず、診療科・病院を点々とするケースもあります。総合病院の内科で診てもらい、必要に応じて脳神経外科や別の科に回して頂くというようにすると連携をとってもらえます。遠距離の場合はまずかかりつけの内科で相談し、そこから紹介してもらうのがいいでしょう。

 

 

睡眠薬とアルコールの併用の危険性

睡眠薬を服用している場合には、アルコールの摂取を避けることが大きな課題として挙げられます。もしも、アルコールを継続的に体内に取り入れることによって、薬の効き目が弱くなったり、重大な副作用を招くリスクが高まるため、医師の指示に従って正しい服用方法を覚えることが望まれています。

 

睡眠薬とアルコールの併用の危険性に関しては、今や全国の医療機関で活発に啓発活動が行われており、身体の健康状態を維持するためにも、厳重に注意をすることが求められています。睡眠薬の安全性の高さに関しては、国内外でも大いに認められてはいるものの、誤った服用をすることによって、身体に悪影響が加わることが問題となっています。

 

睡眠薬の服用の仕方について悩みを抱えている場合には、すぐに最寄りの医療機関を受診することが良いとされます。或いは、ドラッグストアなどに在籍している薬剤師などの専門かに相談を持ち掛けることによって、睡眠薬の効果的な摂取の方法について理解を深めることができます。こうした薬の成分に関しては、多くの素人にとって分からないことが沢山あると言われていますが、くれぐれも安全につかいこと成すことが重要なテーマとなっています。

 

更に詳しい睡眠障害の原因を知るならこちらでチェックしましょう。

 

>> 眠れない原因とは?


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ